【KANDYTOWN】RYOHU(呂布)の年齢や出身プロフまとめ!あいみょんとコラボや新曲は?







KANDYTOWNのRYOHU(呂布)の知名度が最近急上昇。RYOHU(呂布)と聞くと呂布カルマや武将の呂布を想像しがちでしたが最近はKANDYTOWNのRYOHU(呂布)の名前が挙がることもしばしば。今回はKANDYTOWN所属のRYOHU(呂布)の年齢や出身、あいみょんとコラボや新曲についてプロフにまとめました!

【KANDYTOWN】RYOHU(呂布)って誰?

『RYOHU(呂布)』と聞くとヒップホップ好きな人なら『呂布カルマ』、歴史好きなら『戦国無双の呂布』を思い浮かべるのではないでしょうか。

実際、僕もRYOHUのワードを見たときは呂布カルマさんかなと思っていて、あいみょんとRYOHUがコラボしたときも呂布カルマさんがコラボしてるのかと勘違いしていました。

今回取り上げるRYOHUはKANDYTOWNに所属するヒップホップクルーの『RYOHU(呂布)』です。







【KANDYTOWN】RYOHU(呂布)のプロフィール!年齢や出身は?

本名 中山 亮平(なかやま りょうへい)
生年月日 1992年4月5日
出身地 東京都世田谷二子玉川
身長
所属 BANKROLL/KANDYTOWN

TOKYOFMスクールオブロックなどが主催していた『閃光ライオネット』にバンド『ズットズレテルズ』のメンバーとして出場。

『閃光ライオネット』の間ではかなり話題になり、そのバンドでRYOHUはバンドのラッパーとして活躍。

『ズットズレテルズ』は、現在『OKAMOTO’S』のメンバーや草刈正義さんの息子YUSHIが所属していました。

RYOHUがヒップホップに興味持ち始めたのは小学生の時に『キングギドラ』を聞かされてハマっています。

中学時代から渋谷のライブハウスに通っていて、フリースタイルを振られて挑戦するも失敗。

その経験が悔しくてラップを始めたと語っています。

KANDYTOWN、Aun beatz、ズットズレテルズ。 いつでも、どこでも、だれとでものスタイルは崩さず“今”重要な場所に現れては音と人、出来事をつなぐラッパー。

引用元:https://www.hmv.co.jp

RYOHUの魅力はジャンル問わずに色々なジャンルとコラボしていく姿です。

過去にはSuchmos、Base-Ball-Bear、あいみょんととコラボしていますね。

大型のライブ実績も積んでいて、スタジオコースト、武道館でのライブ経験もあるので今後もっと注目されそうです。

しかも、RYOHUはトラックからラップまで1人でこなしていて、EP『All in One』は自主製作でリリースしています。

⇒⇒KANDYTOWN(キャンディタウン)のメンバー16人一挙紹介!都会派でおしゃれなラッパーが勢揃い!







RYOHU(呂布)とあいみょんが『愛を伝えたいだとか』でコラボ!

引用元:https://www.hmv.co.jp

あいみょん『愛を伝えたいだとか』リミックス・バージョンをアナログ限定盤でリリースしました。

リミキサーにKADYTOWNのNeetsが参加して、RYOHUのラップとあいみよんの歌声がコラボしています。

「Neetz ft. Ryohu ”studio991” Remix」と「Lil’Yukichi Remix」が収録されていて、全然違うテイストのリミックスになっていて聴きごたえあるリミックスに仕上がっています。

RYOHU(呂布)の新曲は?

『Ten Twenty』を2018年11月30日に配信リリースを開始していて、新曲や既存曲のリミックスバージョンが詰め込まれている。

KANDYTOWNのメンバーが多数参加、ビートメーカーやトラックメーカーなども参加していて良い感じに仕上がっています。

全16曲、All in One、Wash、8 Money‥など。

前作EP『Blur』から約1年ぶりのリリースなので作品集的なアルバムになっていますね。