崇勲の姉が自殺?年齢や本名は?Wiki風プロフまとめ!新曲Tuesdayはどこで聞ける?







UMB(Ultimate MC Battle)の全国大会KING OF KINGSでの優勝! MCバトルの人気番組、「フリースタイルダンジョン」で2代目のモンスターとして活躍するなど、破竹の勢いの快進撃を見せつけた孤高のラッパー崇勲!!

MCバトル好きで彼のことを知らない人はいないでしょう!

今回はそんな崇勲のプロフィールや、新曲の事、また皆さんが気になっているアノ真相についてまとめてみました!!

崇勲のプロフィールまとめ!!

引用元:https://twitter.com/sukun4951now

フリースタイルダンジョンで一躍その名を馳せた崇勲のプロフィールをおさらいしていきましょう!!

崇勲プロフィール
  • 本名:すぐる(苗字不明)
  • 通り名:仁王立ちの内弁慶
  • 生年月日:1983年2月13日
  • 出身:埼玉県春日部市
  • 所属レーベル:Timeless Edition Rec.
MCバトル経歴
  • 2011年:BACA シンプルMC BATTLE(準優勝)
  • 2012年:戦極MC BATTLE 第三章 vs 罵倒埼玉予選(準優勝)
  • 2013年:大脱走 朝焼けMCバトル vol.6(優勝)
  • 2014年:大脱走 夕焼けMCバトル vol.1(優勝)
  • 2015年:UMB KING OF KINGS(優勝)

他の活躍として、

  • テレビ朝日系番組、フリースタイルダンジョンで2代目モンスターに抜擢。
  • 2015年に1stアルバム「春日部鮫」をリリース。
  • 2019年に2ndアルバム「素通り」をリリース。

こうして見ると、MCバトルでの経歴がすさまじいですね!

2015年のKING OF KINGSを優勝した年に1stアルバムをリリースしているので、まさにバトルで勝ち上がり成り上がったMCのようです!!







崇勲の姉が自殺??その真相は??

そんな崇勲ですが、自身の姉が自殺したという過去を持っているとのことです。

それは『フリースタイルダンジョン』でのダースレイダーとのバトルの際の出来事でした。

(以下バトル内のバースからの抜粋。)
ダースレイダー「5分の虫にも少しの魂がある 蛹からageHaから蝶になる 生命を無視するような態度はダメだぜ絶対言っちゃいけない言葉は『死んでくれ』そう言われたから死ぬような俺じゃない 自殺は絶対ダメだぜ スーサイドスクワッド 悪役になっても生き返って さらに活躍を見せろ HIP HOPは逆転現象だぜ お前にも教えてやるよ」

崇勲「確かに自殺はダメだ 俺の姉ちゃん10年前自殺で死んだ 見てくれてるかな 天国の姉ちゃん 崇勲は今ここで頑張ってんだ 命の尊さ俺だってわかっているからこそ敢えて言うHIP HOPは常識例外 最後に一言『死んでくれ』」

二人の死生観やHIP HOP観が入り混じったこのバトルは番組内でも指折りの名バトル回としてファンの記憶に刻まれていますが、崇勲の独白も当時視聴者に衝撃を与えました。

また、2016年の戦極MCBATTLE第15章でのDOTAMAとのバトルでも、「死んだ姉ちゃんの名前は『あけみ』」というバースを放っています。

このようにバトル内でも姉の事が頻出しているので、実際に姉が亡くなっているというのは真実のようですね。

実際に自殺だったのかは定かではありませんが、もしそうだとしたら悲しいことです。。。







崇勲の新曲「Tuesday」、どこで聞ける??

現在も精力的に活動を続ける崇勲ですが、2019年9月24に新曲「Tuesday」をリリースしました。

聞いている人に明日への希望を与えてくれるような、後押ししてくれるようなメッセージ性を持ったリリック、そして彼らしい絶妙にハマる韻踏みを発揮している良曲です!

現在「Tuesday」はItuensで購入が可能、またApple MusicとSpotifyでストリーミング配信をしているようですので、要チェックですね!!

 







崇勲のオススメ楽曲まとめ!!

新曲「Tuesday」の他にも、まだまだたくさんの素晴らしい楽曲を崇勲はリリースしています!

という事で、最後に崇勲のオススメ楽曲をいくつか紹介していこうと思います!

・「RECOLLECT feat. TKda黒ぶち」

崇勲が2015年にリリースしたアルバム、「春日部鮫」からの一曲。

フリースタイルダンジョンでもおなじみのTKda黒ぶちも崇勲と同じく春日部をホームタウンとするラッパーという事で、まさにこのアルバムタイトルにふさわしい楽曲ではないでしょうか!!

ブルージーなベースラインにバシッと打ちつけるビートのトラック、そしてサビの二人のリリックの掛け合いも最高にカッコ良いです!!

・「FLASH」

こちらもアルバム「春日部鮫」からの一曲。

DJ RINDがプロヂュースの郷愁漂うトラックに、崇勲らしく、ありのままでいようというスタンスが溢れたリリックが心に響く楽曲です!

・「MATCHSTICK feat. CHICO CARLITO」

2019年にリリースされた2ndアルバム「素通り」からの楽曲。

フリースタイルダンジョンでおなじみのCHICO CARLITOを客演に呼んだ清涼感あるアッパーチューンです!

ダンスミュージックとしても仲間と盛り上がることのできそうなトラックですね!







まとめ

MCバトルから人気に火がついた崇勲。

自身のブログではMCバトルを引退したと宣言したようですが、これからはここに紹介したような沢山の素敵な音楽作品を生み出していって欲しいですね!!

彼の今後の活躍に更に期待です!!