ちゃんみな『PAIN IS BEAUTY』MVや歌詞の意味とは?20歳直前に綴った思いとは?







ちゃんみなの『PAIN IS BEAUTY』のMVや歌詞には隠された意味があるようです。

人気急上昇中のポスト安室とまで言われているちゃんみなはまだ20歳になったばかり。

『PAIN IS BEAUTY』は20歳になる直前に綴った曲なので特別な思いが込められています。

>>>ちゃんみなの彼氏や過去は元ヤンキー説?Wiki風プロフィールまとめ!Twitterで意外な交流関係!

ちゃんみな『PAIN IS BEAUTY』が公開&リリース!

ちゃんみなの誕生日でもある2018年10月14日にZepp DiverCity TOKYOで行われたワンマン・ライヴで初披露された「PAIN IS BEAUTY」。

実際に起きた過去のリアルな経験をもとに、ちゃんみなが20歳になる直前に書き上げた1曲。

今までは、強め女子の強烈な歌詞を投げ込んできたが、今回は20歳という節目もあり、強さも見せながら、自分の過去や弱い部分を惜しみなく表現している。

そして、2017年にリリースした『Princess』ではいじめを受けた経験を歌詞にしていた。

今回の『PAIN IS BEAUTY』では、「人と違って揶揄されたり、コンプレックスを感じたりしても自分を愛して頑張ろうよ。何も気にすることはない。」という意味が込められているような気がします。

まず公開されたのは、その歌詞の世界観をもとに制作されたミュージック・ビデオのティザー映像となって、本編は2018年11月30日のリリース日、当日に公開。

そして、2018年11月30日の18時頃に遂に公開されました!







ちゃんみな『PAIN IS BEAUTY』のMVや歌詞の意味は?

昔と変わらない今もlonely girl
何度も現れるこの十字路
その度にまた選ばされる未来
目に見えないYes or No 選べ“らしさ”を

『PAIN IS BEAUTY』のMVは、オーディション会場のシーンから始まり子供の頃の回想シーン。

そして、学生時代のいじめ体験に立ち向かうちゃんみながあらわれます。

誰も近寄ってくんな
嘘だらけの言葉
ここから抜け出せれば
I can do anything so i said

不良少年とバイクにまたがり荒れるちゃんみな、反発してるものの抜け出したい思いが歌詞に表現されている。

MVでは牢屋に入るシーンもあり、それをきっかけに更生して音楽を本格的に始めるようなシーンがあります。

世間はいつでも冷たかった
私にだけは常識を求めんな
こうであるべきとか絶対ないから
コンプレックスを抱きしめて羽ばたいた
戦ってみせてよbaby
疲れたらここにおいで
そう大切な人達にそんな歌を歌っていたい

ちゃんみなは韓国とのハーフで幼い頃は差別やいじめを受けていました。

それが原因で中学の頃は荒れていて、色々なことがあったんだと思います。

しかし、大事な人達がいることを理解して高校生の頃には心機一転。

Go away ほっといて 怖くないって顔してさ
強がってみたかったんだ
強そうに見えたかな
So Try me, I love the pain, 今になってやっと知った
痛みって美しいんだ
私を綺麗にしたんだ
Pain is beauty.

自分をさらけ出す強さを手に入れて、今思えばいじめや差別を受けた痛みが音楽に活かされている。

そして、その痛みを知ることで周りを勇気づけるような歌詞を書けるのではないでしょうか。

歌詞にも「痛みは美しい私を綺麗にした」と書いてあることから、過去を克服したのだと思います。







ちゃんみなのおすすめ曲!

11月30日に「Doctor」に次ぐ新曲「PAIN IS BEAUTY」がリリースされるようです!

そんな、ちゃんみなのおすすめの曲をご紹介します!

未成年

出典:https://recochoku.jp

デビューして初シングルです。

『未成年』アルバム名にもなっています!

CHOCOLATE

出典:https://www.amazon.co.jp

チョコレートのように甘く、そして苦いストーリーを、彼女自身のリアルな言葉でストレート綴ったリリックに注目です。また、MVに小籔千豊が友情出演しているようです!

 LADY

出典:https://www.youtube.com

大人と子供との間で揺れ動く複雑な心情を描いた歌詞に注目!