Creepy Nuts(クリーピーナッツ)おすすめ人気曲10選!R-指定&DJ松永とは!?







Creepy Nuts(クリーピーナッツ)はR-指定&DJ松永がユニットで中毒性のある世界観が注目されている。そんなCreepy Nuts(クリーピーナッツ)のおすすめ人気曲10選しました。2019年もCreepy Nuts(クリーピーナッツ)はHIPHOP界を盛り上げてくれそうですね!

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)おすすめ人気曲10選!

R-指定&DJ松永のユニットでお互いヒップホップにかける熱量が半端なく意気投合。

その音楽性は誰しもが虜になる中毒性あり!

合法的トビ方ノススメ

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)のスマッシュヒットした曲。

少し危険な感じの曲名で歌詞も「気持ち良いことしよう」「ヒップホップに飛んじまえばイイ」。

ちょっと怪しいフレーズもあるが合法的にトブ方法を伝授してくれます!

助演男優賞

トラックもリリックもめちゃかっこいいんだけど。

どちらかというとMVに注目しちゃいます。

楽曲を聞き終わったらMVも是非見てほしい!

たりないふたり

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)の2人の足りないところをリリックにしています。

もはや、お互いの悪口や願望をとにかく詰め込んでいるんじゃないかと思うリリック(笑)

足りないところを2人で補っている雰囲気もいい感じですね。

未来予想図

フリースタイルダンジョンでヒップホップは盛り上がったが。

今後のHIPHOPシーンを不安視している歌詞で少し暗めですが、的確な未来予想図。

それでも、Creepy Nuts(クリーピーナッツ)は原点に戻ってやりなおせる。

リリックに何か強い意志が感じられて素敵な曲でした。

どっち

サブカルとアウトローを比較したようなリリックで言葉遊びの上手さが伝わります。

独特な切り口でサブカルを題材にしているところも魅力的です。

そしてトラックがかっこいい。

生業

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)は2019年前半は2マンツアーで『生業』という全国ツアーを開催。

R-指定はとにかくマイク一本でライブ会場を魅了する実力を持っていることを証明してくれるようなリリック。

今まで叩き上げで登ってきたからこそ歌い上げることができるのでしょう。

みんなちがって、みんないい。

色々な人間がでてきてラップというよりは落語を聴いているような表現力。

こんな奴いるよなーと登場するたびに共感してしまいます。

現代社会に切り込みまくってる感じも最高ですねー!

数え歌

第2回 ももいろ歌合戦にCreepy Nuts(クリーピーナッツ)は出場して、この『数え歌』を披露する。

年越しには、確かにぴったりなテンションあげあげな音源ですね。

裏番組のNHK紅白を是非、Creepy Nuts(クリーピーナッツ)の『数え歌』でぶち抜いて欲しいです!

教祖誕生

この曲はSNSで誹謗中傷している人を題材にしています。

そして、共感を得てネットの中では教祖様。

現実では、ティッシュ配り。

R-指定らしいディスリのような切り口でぶったぎってます。

だがそれでいい


若気の至りであんなことやこんなことやったよなと共感させるリリックで、きっとクリーピーナッツの2人も若い時はラップが好きでイタイ奴だったんだと思います。

カラオケでディープなジャパニーズヒップホップは女子にモテないし、ダボダボの服も女子ウケ悪いのに身に着けちゃうイタさって少し悪ぶってた奴には確実に共感できるはず!







Creepy Nuts(クリーピーナッツ)R-指定&DJ松永とは!?

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)は、R-指定とDJ松永の2人。

日本一のMCと日本一のDJがいるヒップホップユニットです。

2013年に音楽フェス・KAIKOOのコンピ-ションアルバムにCreepy Nuts(クリーピーナッツ)は、参加しています。

2014年には、フジロックフェスに出演し、翌年にはスティールストリートとマネジメント契約を交わしました。

それからは、ミニアルバムや全国ツアーなどを行い活躍しています。