須藤凜々花(りりぽん)がラップで漢 a.k.a. GAMIとタッグ!夢Girl『歌詞全文』あり!





須藤凜々花(りりぽん)は元NMBで総選挙時に結婚発表をして卒業宣言をして、世間を騒がしたアイドルです。

そんな須藤凜々花(りりぽん)がヒップホップ界に進出してラップを披露しているのはご存じだろうか。

元々ファンの間では須藤凜々花(りりぽん)がラップ好きなのは有名で彼女ヒップホップに対して熱い想いを持っている。

須藤凜々花(りりぽん)がラップ番組『SMASH HIT』のMC!?

AbemaTVで須藤凜々花をよく見かけるようになり、元アイドルが何してんだろうと素直に疑問に思いました。僕以外にも、疑問に思った人は多いのではないでしょうか。元々ヒップホップ好きなのが功を奏して、AbemaTVのヒップホップ番組に出まくっています。

そして、2018年2月15日からはヒップホップ番組『SMASH HIT』をお笑い芸人のとろサーモンと共にMCを務めている。この番組オーガナイザーはAK-69が務めているので、須藤凜々花とヒップホップ界の繋がりは、さらに強くなりそうだ。

『SMASH HIT』はラッパーと音楽プロデューサーがタッグを組んで「スマッシュヒットするような曲を作るのがテーマ」です。普通では見られないタッグなので、視聴者やヒップホップファンからは高評価を得ています。

そんな、ヒップホップ番組のMCを務めているので、これからも須藤凜々花はヒップホップ界で活躍していきそうなきがしますね。





須藤凜々花(りりぽん)が漢 a.k.a. GAMIとタッグを組む!

ヒップホップ番組『SMASH HIT』でMCを務めている須藤凜々花が特別番組『SMASH HIT-Road to Zepp-』でラッパーとして登場することが決定。

まさかの漢 a.k.a. GAMIとタッグを組み、相手はMCの相方とろサーモンの久保田とAK-69のタッグです。

この特別番組は3時間スペシャルで須藤凜々花たちの前は名だたるラッパーたちがパフォーマンスをする。MC TYSON、OZworld a.k.a R’kuma 、KEN THE 390‥など。そのあとにラップパフォーマンスをしなければならないのは、かなりきつそうだ。最後にはAK-69がバンドスタイルでライブを披露した。

この番組の醍醐味は、ラッパーとプロデューサーが一緒に楽曲を制作しているところを見れるのが見所。須藤凜々花と漢の楽曲制作からお互いの過去などがわかる回でもありました。こんなにも漢の子供時代や若いときの時代の写真がでたのは初めてかもしれません。

一方須藤凜々花の過去も壮絶で、元々お嬢でタクシー代は毎月60万以上ぐらいかけるような家だったようです。しかし、7歳ぐらいまでしかお嬢のような生活は続かなかった。その後は、凄く貧乏でたびたび変わる父親たちや母親の彼氏の存在。出会いや別れを繰り返した過去を語っています。





須藤凜々花(りりぽん)が高評価の理由とは?

声が甲高く、ラッパーというよりはまだ元アイドル感が抜けない須藤凜々花(りりぽん)が以外にもヒップホップヘッズ達に受け入れられている。きっとアイドル時代から元々ヒップホップが好きなのを発信していて、須藤凜々花の容姿とは少し似合わないようなヒップホップの趣味を持っていて本当に好きなのが伝わってくるからでしょう。

須藤凜々花が選ぶ好きなラッパー

1位:DOGNMA

2位:ISSUGI

3位:UZI

アウトローな感じのラッパーが好みのようです。センスも悪くなくヒップホップヘッズ達の心を掴む人選をしています。ちなみに、DOGMAとは特別番組『SMASH HIT-Road to Zepp-』で楽曲を作る過程で対面を果たしている。

ラップ自体は、お笑い芸人のとろサーモンのほうが上手でしたが、リリックに込めた想いが須藤凜々花の方が強いイメージを受けました。アイドル時代や子供時代の苦悩やくすぶってた気持ちを表現が伝わってくるので心を掴まれるリリックです。





須藤凜々花(りりぽん)の今後は?

現在は元アイドルでヒップホップ好きなので、それなりに需要があるが今のポジションを維持し続けるのは音源を出すかバトルのスキルを多少あげていくかしないと難しそうです。今のうちに、ヒップホップ界の繋がりを広げてポジションを確保していけば、須藤凜々花の姿は今後も見れるかもしれませんね!