ダースレイダーの眼帯や余命5年?現在の高学歴ラッパーの活動とは!








高学歴ラッパーとして有名なダースレイダー。ラップ番組などではコメンテーターとして欠かせない存在感のある大御所として有名。特徴のある眼帯姿でテレビなどのメディアにもよく登場しているので見たことがあるのではないでしょうか。ダースレイダーの眼帯は病気の為なのか・病気なら余命はどれだけあるのか・高学歴ラッパーと言われているけどどこの出身なのか・現在も元気に活動はしているのか。気になるダースレイダーに関する様々な疑問について徹底的に調べてみました。

ダースレイダーのプロフィール!

名前・読み方 DARTH REIDER・ダースレイダー
本名 和田礼(わだ れい)
出身地 フランス
生年月日 1977年4月11日
所属 吉田正樹事務所

フランス・パリで生まれたダースレイダーは、父の仕事の都合で幼少期をロンドンで過ごします。

お父さんはかつてニュースステーションで解説を務めていた和田俊さんだそうです。

武蔵野中学校・武蔵野高校を卒業した後、一浪して東京大学東京大学教養学部文科Ⅱ類に進学しました。

浪人時代に目覚めたラップ活動へと傾倒していき退学することになります。

1998年MICADELICのメンバーとして活動を開始、2000年にはデビューを果たす。

その後、P-VINE/CUTTING EDGE/VICTOR等のレーベルに作品を残します。

自身のMCバトルの大会を主催や講演などを通して新しいラッパーの育成にも力を入れていた。

2004年には自身のDa.Me.Recordsを設立。

KEN THE 390/COMA-CHI/TARO SOUL/環ROY/METEOR/神門等多くの才能を輩出している。

現在は「NEWS RAP JAPAN」の司会やMCバトルでの審査員などの活動つとめています。

また自身のファンクバンドThe Bassonsのボーカルを務める他にも、司会業や執筆業など多方面でマルチな才能を発揮しています。

自身も認める根っからのエンターテイナー、それがダースレイダーです。

所属している吉田正樹事務所はフジテレビのアイドル『アイドリング!』を手掛けた吉田正樹が代表。

『トリビアの泉』、『爆笑レッドカーペット』‥など大ヒットした番組にも関わっていた大物プロデューサーですね。

所属しているのはクリエイターやユーチューバーなどが目立ちますが、今後も世間を賑わせてくれそうな事務所です。







ダースレイダーの眼帯は病気?

ダースレイダーと言えば気になるのが眼帯ではないでしょうか。

眼帯はただのファッションではなくちゃんとした理由があります。

2010年6月クラブでのMCの直前にダースレイダーは脳梗塞で倒れて病院に運ばれます。

幸い命に別状はなかったものの、約1か月に渡り入院を余儀なくされました。

その際、合併症で左目を失明してしまいます。

そんなトラブルにもめげず、ダースレーダーは眼帯をトレードマークに現場に復帰します。

2019年には自身の眼帯ブランド「OGK」を立ち上げた。

同じ悩みで苦しんでいる人たちが少しでもファッションを楽しめるよう応援しています。







ダースレイダーの余命5年とは

ダースレイダーの事を調べていると「余命5年」というキーワードが良く出てきます。

2017年4月11日ダースレーダーの誕生日に、自身のグループ「THE BASSONS」の楽曲の中で自らの余命が5年と打ち明けた。

この曲は「5years」というタイトルで曲の中で自分に残された命についての思いが綴られています。

「明日交通事故に遭う奴よりはまだ時間があるな」

「時間に抗うんだ、闘いをやめるな」

「5年後の俺に会いにいくんだ、とことん諦めの悪い奴だな」

ダースレイダー本人が余命を宣告された後、どんなに苦しんでいたかがわかる歌詞ですね。

ダースレイダーは現在も余命と向き合いながら残された人生を一日一日大切に生きています。

ダースレイダーが少しでも多くの日々を生き抜いて欲しいと心から願いたいですね。







現在の高学歴ラッパーの活動!

ダースレイダー以外にもHip Hop界には多くの高学歴ラッパーがいるのをご存知でしたか?

皆さんが良く知っている有名な高学歴ラッパーには次のような方がいます。

  1. KREVA・慶應義塾大学 環境情報学部 卒業
  2. MUMMY-D・宇多丸(RHYMESTER)・早稲田大学卒業
  3. KEN THE 390・早稲田大学社会科学部 卒業
  4.  Shing02・カリフォルニア大学バークレー校卒業
  5. VERBAL・ボストンカレッジ 卒業
  6. SEEDA・神奈川大学卒業

大御所から若手まで多くの高学歴ラッパーがいるのに驚きです。

中には先日大麻取締法違反で逮捕された現役慶応大学生ラッパー・アマテラスのように逮捕されたことによりその学歴が取り消されてしまったかわいそうな人もいますね。

まあでも少子高齢化が叫ばれている今、多くの若者が勉強や仕事をしながら趣味でラップやHip Hopに親しんでる人が多いのも現実です。

そんな背景を考えるとこれからも高学歴ラッパーと呼ばれる人たちは数多く出てくるのかもしれませんね。