【KANDYTOWN】YUSHIは紅蘭の弟!オカモトレイジの関係とは?絵の才能がやばかった!?







KANDYTOWNのYUSHIについてまとめました。YUSHIはタレントの紅蘭の弟であり、KANDYTOWNの中心メンバーでした。ロックバンドのオカモトレイジとも関係があり、色々なつながりを持つ不思議なYUSHI。絵の才能もヤバいとメンバーの間では有名です。

早速ですが、お笑いのダウンタウンというグループは知ってますか?

関西出身の松本さん浜田さんはメディアで見ない日の方が少ないですよね!

そんな浜田さんの息子さんはなんとミュージシャンです。

OKAMOTO’sというロックバンドでハマ・オカモトとしてベーシストでして活動しています。

しかし!結成前には『ズットズレテルズ』というバンドで活動していたことはご存知でしょうか?

そのバンドに『ドカットカット』という名のMCがいたのですが、彼がHIP HOPユニットの『KANDYTOWN』の”YUSHI”です!RockとHip Hopは根底で繋がってるんですね!

そんなYUSHIは、音楽だけでなく画家としての才能もありメンバーをリードしながら音楽活動していました。

しかしながら、非常に残念なことに2015年に転落事故で亡くなりました。

2019年、彼の命日である2月14日には、KANDYTOWNが追悼の意を込めて曲も出しています。

そんな皆から愛されたYUSHIですが、今回は彼のお姉さんや、オカモトズとの関係性、また画家の才能など更に掘り下げて解説します。

【KANDYTOWN】YUSHIは紅蘭の弟!

「YUSHI」の本名は「草刈雄士」です。

苗字でピンっと来た人もいるのではないでしょうか。

そうです。父親は大河ドラマの真田丸に出演していらっしゃる草刈正男さんです。

そんな俳優の息子であるYUSHIには、お姉さんがいます。

草刈紅蘭(くさかりくらん・株式会社BROSKY)という本名で芸能活動をされています。

ポールダンサーやパーソナルトレーナーとしてタレント活動をすることになったきっかけも、紅蘭の生き方さえも、硬派な父親とは対照的に天真爛漫でとても注目を集めています。

2013年の有吉反省会というテレビ番組ではポールダンスを披露されています。

露出度の高い服や派手なメイクでセクシーなダンスは、父親のイメージを損ねてしまうのではという声から有吉弘行の反省の禊として、名字を名乗らないことを告げられる。それ以降は「紅蘭」名義で活動しています。

2015年には、YUSHIの転落死がありました。紅蘭さんは弟であるYUSHIを心から愛していたので、悲しみに暮れました。そして、弟のお気に入りの場所であるニューヨークにて、「愛する想いをいつまでも忘れないよう」にというメッセージを込めて弟の顔をタトゥーとして右足に形に残しました。

2018年には、おめでたいことにラッパーのRIKEYとの間に娘を授かりました。ただし紅蘭は婚姻届は提出せず、事実婚状態です。この理由も彼女らしいのですが、弟のYUSHIが死去したので、婚姻すると草刈の名字を継ぐ人が事実上いなくなる。それは避けたいので、相手に草刈家に入ってもらうか、それができないなら別姓にするという思いがあったという事情を話しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さん(@mattkuwata_official2018)がシェアした投稿

2019年7月には音楽家のMattさんとの生後6か月の娘を抱く写真もインスタグラムで披露されニュース記事になる。







【KANDYTOWN】YUSHIとオカモトレイジの関係とは?

出典:https://hakase215.com/okamotoreizi

オカモトレイジはOKAMOTO’Sのドラマーです。2008年にはスコポンという名前でズットズレテルズのドラマーでもありました。

(高校生でこのグルーヴ感といいハーモニーといい凄まじ過ぎます!!!)

オカモトレイジ含むオカモトズは高校時代からYUSHIと時間を共にしていました。2008年にメンバーが受験勉強といったこともあり、その空いた時間にライブ活動を休止。このタイミングでズットズレテルズが結成されました。今考えるととてつもない才能の持ち主たちが集うユニットですよね!

音楽、そしてHIP HOPをきっかけ今のKANDYTOWNのクルーとも繋がりがあります。

2015年のYUSHIの転落死の翌年、2016年にオカモトレイジさんは、KANDYTOWNのファーストアルバムをプロデュースしました。なぜ制作に携わったのか、それは単に幼馴染ではなく、HIP HOPを通じた、音楽仲間をも超える強い「繋がり」や「想い」がそこにあったからこそだといえます。

オカモトレイジは、制作の過程や音楽業界の仕組みを伝えるのみならず、もはや”通訳”をしているんだ、と説明しています。KANDYTOWNという言語を。

音楽面に限らず、原盤で使用する写真や映像でさえも、昔から付き合っている彼らだからこそ共感できること。YUSHIの言葉を借りると、何がCoolで、何がNOT GOODか。そのような感覚がわかちあえるんでしょうね。

共通して言えることは、オカモトレイジもKANDYTOWNのメンバーも全員、YUSHIを尊敬していたことです。

彼らはYUSHIのことを

  • キング
  • スーパースター
  • 人の人生を変える影響力がある
  • あいつがいなかった、KANDYTOWNはなかった
  • とにかくぶっ飛んでる

各々の中でYUSHIの存在はすごく大きかったことが想起されます。







【KANDYTOWN】YUSHIは絵の才能がヤバい!

YUSHIさんは、音楽の才能とリーダーシップに長けるだけではなく、実は絵を描く才能もありました。

クルーからもYUSHIさんは、誰よりもアツイ人間だと賞賛されてました。 音楽、絵などアートに常に情熱を捧げていたので、真の意味でアーティストと呼ぶにふさわしいです。手掛けた抽象画は美術展で新人賞を受賞するなど、画家としての相応の才能を発揮していました。実は、KANDY TOWNのファーストアルバムの通常盤のジャケットも彼が描いた絵です。

雄士さんの投稿 2015年6月13日土曜日

メンバーたちがYUSHIの家に訪れた際には、壁に絵が何枚かあったそうです。奇妙に見える作品もあれば、物凄く上手だなというものもあり、ジャケットになった絵に関してはとても大きかったとのこと。

2015年の転落死の後6月14日に「雄士さんが遺した素晴らしい作品の数々を紹介したい」という草刈正雄さんらの思いから個人事務所からの発案で、「草刈雄士公式WEBサイト」を立ち上げました。(現在は運営中止)

月命日の毎月14日に更新するということで約100点近い絵画を5点前後ずつ掲載されました。

現在は、YUSHIのFacebook上に、アップロードされた作品が残っています。

 

今日から不定期ですがホームページにUPした作品をご紹介していきます!ホームページも覗いてください!http://yushi20150214.com/

雄士さんの投稿 2015年10月27日火曜日

独特のタッチであるこの絵画はアクリル絵の具を使い、筆ではなく指で描かれたものが中心です。画家の才能をも目覚めこれからという時期に、日本は秀悦な人を失ってしまいました。

画家といえば、ゴッホにエゴンシーレ、山田かまち。音楽でいうと2PACやThe Notorious B.I.G. 、TOKONA X。才能がある人ほど早くしてこの世を去るというのは一体どのような理由があるのでしょうか。答えは神のみぞしるといったところでしょうか。

いかがだったでしょうか。才能を開花させ、人に愛され、生前に数々の作品を残した、草刈雄士さん。メンバーだけでなく、ファンの心の中でこれからも生き続けることでしょう。

KANDYTOWNJは結成して7年目。まだまだ東京を代表するHIP HOPユニットとして音楽業界を盛り上げてほしいですね!