宇多丸(ライムスター)が映画をラジオで評論しまくり!?Wiki風プロフィールまとめ!







ライムスターの宇多丸が映画をラジオで評論しまくっていると話題になっているので、どんな評論をしているのかについて言及していきたいと思います。ついでにプロフィールのまとめました!

宇多丸(ライムスター)は映画評論家!?Wiki風プロフィールまとめ!

引用:https://www.tbsradio.jp/personality/utamaru/

本名 佐々木士郎(ささきしろう)
生年月日 1996年5月22日
身長 180cmぐらい
体重 70kg前後
学歴 早稲田大学法学部卒業
所属 スタープレイヤーズ

ライムスターの宇多丸は大学在学中、1989年にMummy-Dと共にライムスターを結成。

現在はラッパー以外にもライター、映画評論家、アイドル評論家、ラジオDJの活動もしています。

その中でも、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』、テレビでは『バラいろダンディー』での映画評論やアイドル評論が話題でファンを楽しませているようです。

(ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル2018年3月で終了)







宇多丸は映画評論家としてラジオで酷評しまくる!?

引用:https://www.tbsradio.jp/personality/utamaru/

宇多丸はTBSラジオ『アフター6ジャンクション』のコーナーで映画評論をしている。

自腹で宇多丸が最新の映画を1本視聴して、約30分間評論をするのですが、濃い評論内容を提供してくれています。

最新の映画を週5回の放送をしている『アフター6ジャンクション』で、ぶっ続け30分間評論するのはハードなコーナーですが、かなりの頻度で評論を続けているようです。

そこで、宇多丸の映画評論で1番の目玉は基本的に酷評するということですね!

平等に賛否と酷評の配分を大体半分ぐらいにしているようなイメージで放送構成を組んでいるのも見える番組ですが、宇多丸は酷評するときはスイッチが入ったように饒舌になるところがファンたちの楽しみです(笑)

[adchord]






宇多丸×木村拓哉!ロングインタビュー『スポーツの山田』とは?

引用:http://bunshun.jp/articles/-/7829?page=2

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』に、映画『検察側の罪人』で主演を務める木村拓哉さんが出演。メインパーソナリティーのライムスター・宇多丸さんと、計およそ60分にわたって映画談義を繰り広げた。

インタビューでは両者のファンが期待した“あの話題”にも言及。関連ワードの「スポーツマン山田」が『Twitter』のトレンド入りを果たした。

『検察側の罪人』の公開を控えて、告知もかねて宇多丸がパーソナリティーを務める『アフター6ジャンクション』に木村拓哉が出演しています。

この回では、木村拓哉のスターとしての在り方、役者論など、そして宇多丸の質問も切り込んだものが多かった。

例えば、「木村拓哉は色々な役を演じるが木村拓哉の存在が大きすぎて役にノイズが入ってるのではないか?」など深い内容の話も聴ける回です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000136-nataliee-movi.view-000

インタビューの終盤、会話の流れで「木村さんの主演作を酷評したことはあります」と告白した宇多丸さん。前出の暗号放送について説明すると、木村さんは「スポーツマン山田!?」と大笑い。「その意見はその意見ですから。(当時の放送を)聞きたいなぁ」と大人の対応を見せていた。

その中でも話題になったのが、現在の前進番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』で宇多丸が『SPACE BATTLESHIP ヤマト』について酷評したことを木村拓哉に伝えた場面です。

製作委員会にTBSテレビやTBSラジオ&コミュニケーションズが参画していたという大人の事情から『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の出演者たちを暗号化して放送した回があります。

その回で、木村拓哉のことを「スポーツマン山田」と表現したので、そのことについて、宇多丸が対談の最後らへんに触れたので、「スポーツマン山田」がTwitterのトレンド入りしたほどでした。

宇多丸が品川ヒロシの作品を酷評!般若もディス発表!?

引用:https://eiga.com/news/20150607/4/

宇多丸は以前から品川ヒロシの映画を酷評しがちで、ファンの間では有名なことでした。

しかし、品川ヒロシ作品『Zアイランド』が公開中に宇多丸が評論しなかったことが、発端で『Zアイランド』に出演している般若がディスソングを自身のブログで発表しました。

般若:なんで、俺が出演してるのに評論しねえの?ハゲ!

そして、宇多丸もラジオでアンサーソングで返しています。

宇多丸:ガチャガチャで評論する映画を決めてるんだけど、1回ガチャ回すのに1万円かかるんだよね。『Zアイランド』は気になってて、2回連続でガチャ回したりしたんだけど当たらなかったんだよ。ググれよ!ちなみにブルーレイDVD予約したから今度評論してやるよ!

かなり要約しましたが、こんな感じの内容でした。

後日、宇多丸は『Zアイランド』を見て、ラジオで評論してますが結局かなりの酷評です。

  • 品川ヒロシの限界を感じた
  • 構成が雑
  • 得意のアクションも古い

宇多丸の映画評論は基本的に酷評するので、いつも通りではありますが品川ヒロシの作品に関してはディスりの配分が多いような気もしますね!

宇多丸のツイッター

宇多丸は個人ではツイッターをやっていないようで、ライムスターの公式ツイッターしか見つかりませんでした。

ほとんど宇多丸のメディア出演の情報ばかりツイートしているので、ほとんど宇多丸のツイッターと言っても過言ではないかもしれません。

他のメンバーはメディアより音楽活動が多いのかもしれませんね!

ライムスター宇多丸おすすめヒップホップ!

宇多丸は、メディアで色々な顔をもっていますが、メインはやっぱりヒップホップでありライムスターのMCです。どの曲も間違いないですがその中でも厳選したおすすめ曲を紹介します!

RHYMESTER ダンサンブル

引用:https://www.amazon.co.jp

M8「Diamonds」。もともとKIRINJIファンなので、「The Great Journey」に続くコラボは嬉しい限りです。「The Great〜」よりもキラキラした「Diamonds」は、今のKIRINJIというよりも兄弟時代のキリンジを思わせるPOPな名曲だと思います。

RHYMESTER ウワサの真相

引用:https://www.amazon.co.jp

とにかくRHYMESTERの独特さ。ベストもいいけど、アルバム一枚、一枚聴きたくなります。シャレもきいていて、MC 2人のスキルも高い。まだまだRHYMESTER追いかけたくなります!